--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

2013’01.31・Thu

no title

スポンサーサイト

コメント(1) TOP
CategorieMobile

「どーお、ペロちゃん? 美味しいー?」
「――甘い」
 両手で抱えた菓子パンの、白いふわふわしたクリームを口いっぱいに頬張って、味覚の情報を伝えると、相手――なよ、とポーズを決めたキャスト・アインが嬉しそうに答えた。
「いーわよねぇ、あたしには食事の機能ないしねー」
「俺も初めてだよ」
 ……ふと、ある生身の顔が浮かんだ。結局あいつとは、この機能を試す前に別れたんだな。

 ...READ MORE?

コメント(0) TOP
Categorie『存在証明。』

3月末に仕事を終えて、半年分のストレス?を解消しながら、お子が2年生になるのを見守り。
その間、事務や司書の仕事の求人を見ながら、失業手当の手続きもして。
……何というか、実に気ばかりが焦った。
なーんにもないって、やっぱりキツいね。
 ...READ MORE?

コメント(0) TOP
Categorie雑記類(一部有毒)

2011’03.22・Tue

黙祷と感謝と。

まずは。
遅ればせながら、この地震の犠牲となられてしまった方々に、改めて黙祷を。
語るべき言葉はありません。
大切な命が喪われてしまったことを、ただただ悲しく思います。
そして、被災者となられた方々へ。私が居る場所もその一部とはいえ、被害が軽微なため、何を言うと思われるかもしれませんが。
私に今、出来ることを、やります…どうか無事でいてください。
いつか何処かで、出会えることを切に切に願っています。
 ...READ MORE?

コメント(0) TOP
CategorieMobile

2011’02.27・Sun

…戻ってきちゃった。

mixiに行ってはみたものの……リアル知ってる人間が居ると、愚痴も書きにくいもんだなぁと。
やっぱりここが良いのかな。
とりあえず、2個に分かれてた分を回収、こっちで愚痴だとか文章だとか、好き勝手に書くことにしてみる!
mixiはボイスとニュースネタとアプリで充分だわw


さぁ。
また少し、文章書きを始めましょう。

コメント(0) TOP
Categorie雑記類(一部有毒)

「……ここだったんだ」
 記憶に任せて足を踏み入れた小屋は、今の“私”が見ればとても小屋とは思えないものだった。
 継ぎ目ひとつない、真っ白な石の壁。不自然なほどに大きく重々しく見えるのに、軋みを上げることもなく開く、漆黒の鉄の扉。壁には窓はなく、唯一見えるのは、屋根裏と思しき所にある天窓がひとつだけ。
 その天窓と、開いた扉から差し込む光が、埃まみれの部屋を浮かび上がらせていた。
「……誰も、来てないんだ」
 呟きながら、目深にかぶっていたマントのフードを背中に落とす。無造作に束ねただけの亜麻色の髪が肩で跳ねる。
 近くにある机に近付くと、埃を透かして彫りこまれた模様が見える。指でそれをなぞると、真っ白な机の上に、幼い文字が並んだ。

 ...READ MORE?

コメント(1) TOP
Categorie『その、記憶。』

2010’07.10・Sat

劣等感

 ...READ MORE?

コメント(0) TOP
Categorie戯言。

 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。